アマゾンで本を売りませんかというアレ、やめたほうがいいよ

フリーランスとか経営者の人には時々謎の出版社から「出版しませんか」という営業電話がかかってくるわけですが、自分は当然断りますし、相談された場合も断ることをおすすめしています。
 
アマゾンのPDF出版(ADP)は本来無料で誰でも出版でき、電子書籍はもちろん、印刷冊子もオンデマンドで受注後の都度印刷となり出版までの基本コストはゼロ円です。もう一度いいます。ADPは無料です。売上からロイヤリティを徴収される仕組みになっています。
以前所属していた会社でADPにて冊子を発売したことがありますが実際に出版コストは作る側の手間のみで金銭的には無料でしたので間違いないです。
 
しかしそうした無名の謎出版社のプランはそれを利用していながらそれをうっすらと隠し、編集などをするということで数十万円の費用がかかると説明します。彼らは売れても売れなくても数十万円の売上を取れるわけです。だから売れるための努力をしないということになります。
 
で、それでも「俺の活動を形に残したいんだ」と強行した人の本はもうしわけないがことごとくつまらないであろうというのが目次だけでわかる。編集者つけてるならもっとクオリティ高められるはずだが。。。
まあ、掠める方も掠められる方も、同じレベルだったからどうでもいいし知らんけどね。
Please follow and like us:
0

コメントを残す

CAPTCHA