グーグルレビューが食べログよりも威力を発揮し始めている

グーグルで特定の飲食店を検索すると、食べログでの評価ポイントとグーグルレビューのスコアが上がってくることは以前にも書いたとおりですが、この頃レビューが投稿される頻度は圧倒的にグーグルのほうが高いと感じたのでシェアします。

レビュー投稿のめんどくささというハードルが低いからだよねきっと

グーグルと食べログ、詳細なレビューを読むなら食べログのほうに軍配が上がりますが、「食べログポエム」というたぐいの謎文章、お前何者だよ、みたいな

「仕事終わりにワインを一杯、と思ってこちらまでやってきたが友人が仕事の都合でキャンセル。やむなくこちらのお店へ。」

的な超お高く留まった文章などが楽しめるのもまた一興なのではありますが、やむなくってなんだよやむなくって!と店側としてはいささかストレスフルなものだったりもします。なので個人経営などではあんまり自分で自分の店の食べログをチェックする経営者はあまりいないのではないかと思います。

しかし、今はむしろグーグルローカルレビューがもっとも人目に触れやすいユーザーレビューです。グーグルマップでお店を検索すると、営業時間、混雑する時間帯、そこまでの地図、レビュー、連絡先、ウェブサイトへのリンク、と一通りの情報が表示されます。初めて訪れる店であれば、なんとなくレビューに目を通そうというくらいのお手軽さで見る人も多いと思われます。

そして、食べログほど気合の入った文章を書く必要もなく、画像を添付するか、一言コメントをつける、あるいは記名なしで★5つ満点で五段階評価するようになっており、スマホからグーグルに贈られた位置情報をもとに「このお店はいかがでしたか、評価しましょう」みたいなプッシュメッセージが届くようにもなっています。なので、非常に気楽に投稿できるわけです。

レビュー投稿する側が気を付けたいこと

本人が気づいていないかもしれない点が一つ。グーグルアカウントが個人名だった場合、そのままレビューが公開され、アカウント名が開示されます。結構実名で投稿されている人を見かけますが、自覚していないのであれば要注意です。特に、どこかとスポンサー契約している有名人などはこういうレビューをやってはいけなさそうですね。私も、特定のお店や企業と顧問契約をしていることになるので、グーグルでレビューは書かないようにしています。

飲食店のレビューは反応がダイレクトであるということ

飲食店では食べ終わってからレビューを投稿するまでのスパンが短い傾向があります。色々企画したりテコ入れしたりしてレビューを促すのもいい方法でしょう。ユーザーに楽しんでもらえる、喜んでもらうということが基本中の基本にして、王道だと思います。間違っても金で買ってはいけません。インスタの「いいね」を金で買えますよ、というオファーを投げてくる業者がいたりしますが、乗ってはいけません。リテラシーの高いユーザーにはすぐにばれますよ。ていうより、そうでもしないとやっていけないと思うなら、その事業ってどうなんかなと思います。横着ダメ、絶対。

グーグルレビューをいろんな店舗で見ていると、満足した人はたいてい★4つ。3つの人は何か一つくらい不満を感じていたか、消極的な評価。2つ以下は問題あり。5つは絶賛とか、あるいは信者じゃないかと思っていますw

その基準で行くと、大体平均値3.5~3.6くらいがボリュームゾーンで、4.0前後はたいていの人に高く評価されているであろう有名店、4.5を超えると逆に怪しい、、、、3.2以下は何かしら問題がありそうだといえる、というイメージを持っていますが、みなさんはいかがでしょうか?

 

Please follow and like us:
0

コメントを残す

CAPTCHA