ウェブコンサルを依頼する前にちょっと見直してほしいことリスト

私はまだまだ無名なので、生意気なことを申し上げる次第ではございますが、ウェブコンサルティングのお仕事やホームページ制作のお仕事をやらせていただくために一定の基準を設けさせていただいています。ホームページを作ったり、見直したりするのは事業の方向性や戦略を見直すいいチャンスです。できれば経営コンサルタントの方も交えてお話を詰めていくとより良い結果に結びつくのではないかと思います。

ウェブからの集客の前に その1 素材

まず、取り扱う内容が「いいものなのにまだ受け入れられていない」とか「新しく価値のあるものを生み出したので人に知らせたい」といった、「素材」が充実していることが大事です。そして次にその商材がインターネットでの集客と相性が良いかどうかも重要な点です。ウェブサイトを改善していけばたしかに、アクセスが基本的には増えていきますし、注目されればどんどん掛け算になっていくものなのですが、その根っこになる素材が世間から必要とされていたり注目される可能性がなければどうにもなりません。結果が出るのは、もともと見込み客を発掘できるだけのパワーを持ったビジネスだけです。たとえ広告を大量に出してアクセス数が増えても、ニーズを満たしたり、潜在需要を掘り起こせなければ売上の改善には貢献しません。

ウェブからの集客の前に その2 ウェブとの相性問題

まず相談を頂いた時は、大変失礼ながら、ご相談者様のお仕事について詳しく聞かせていただいたり、ネットで分かる範囲ですが同業他社の動向を調べたりして、ウェブコンサルティングを引き受けることによる改善の実現性を検討させていただいています。インターネットからの集客が期待できないものがそのまま商品やサービスとして魅力がないかというと、決してそんなことはないのですが、インターネットを経由することが費用対効果の面から見て不利と思われる場合はお引き受けをお断りすることがあります。例えば地域のフリーペーパーのほうが期待値が高そうだとか、そういう商材は今でもたくさんあります。あるいは、SNSのみに絞ってご自身で集客に取り組まれる方がいいケースもあるでしょう。

ウェブからの集客の前に その3 ご自身の改善意欲

あとここをこうしたらいいんじゃないかとアレンジの範囲で思ったことは進言させていただきますが、実際にそれを実践されたり、アイデアを形にしていくのはクライアント様が取り組むことです。なにもしなかったら天からアイデアは降ってきません。アイデアというのは、とことん対話したり実践することから生まれます。また、取り扱い品目について、大抵の場合ライバルが存在しますが、自社の強みやキャラクターをどれだけ認識しているか、認識しようとしているかも重要です。これまでに上手く行ったケース、安定しているケースはご自身のビジネスの強みをよく理解されていること、発信の継続を重視されていること、工夫を続けることができているクライアント様です。でもそれって普通じゃんって思われた方は大丈夫です。ご自身の仕事に愛情や熱意を持っていらっしゃるならば、自ずとこの話題は熱を帯びるものなので問題ないと思います。

しかし、結構います。こんな感じの人。「うちの仕事なんてどこも変わらないからアピールポイントなんて見つからないよ」「自分でホームページを確認するのもめんどくさい」「ホームページさえあればネットから注文が来るんでしょ」という感覚の方には結果を出すお手伝いはできません。ご自身のビジネスを棚卸しして、分析して、改善するためにどう取り組むかを考えるまたとない機会ですが、これをご理解いただけない方とはお仕事をすることはできません。まだなんの実績もない頃からこの手のお仕事も自分の手柄欲しさに取り組んだことがありますが、やっぱり空中分解してしまうんですね。お互いにとって良くありません。

収益を伸ばすには事前準備、計画、実行、検証の繰り返しです

データを取りながら、ブログを書き綴ったり、SNS投稿を工夫したり、動画をアップしたり、新メニューを開発したり、検索キーワードを見直してみたり、ランディングページを改善してみたり、やることはいろいろあります。これはコンサルトクライアント様の二人三脚で、一緒に良くしていこうという共同体意識を持つことによって威力を発揮します。定期的に見直し、手をかけていく必要があります。私はお客様の発信力を引き出すお手伝いをするためにいます。そこをご納得いただけるかどうかを事前打ち合わせの段階でお聞きしております。新たなチャレンジですから、変化を楽しむつもりで取り組んでみられてはいかがでしょうか。

新しい世界を一緒に切り開いていきましょう!

最初はどんな仕事でも覚えることが多くて大変なものだったと思います。インターネットを活用することも同じです。どんどん活用できる人と活用できない人の格差が広がっています。それに、これからの時代は発信力も求められます。人間は変化を無意識に嫌がる生き物ですが、だからこそそこにブレークスルーのチャンスが眠っています。ここまでお読みいただけた方なら、きっと大丈夫です。

ブログの書き方も、スマホの使い方も、インスタグラムも、私が教えます。

一緒に高度な情報社会を楽しみながら、世界にあなたの持つ素晴らしい情報を伝えていきましょう。

Please follow and like us:
0

コメントを残す

CAPTCHA