来店型ビジネスならグーグルマップを必ず確認

私は事務所を持たない多動型フリーランサーなので、この記事も次の仕事の待機時間にアピタのフードコートでスマホから書いています。

なので私向けにはあまり意味がないテーマですが、クライアントさまの話となると別です。超重要です。もちろんウェブ制作や改善を請け負った場合は必ずチェックし対応する重要項目です。極端な話でもなんでもなく、ホームページがなくてもグーグルマップが間違ってるか正しいかは見ておくべきです。サイトを持たない立ち飲み屋とかでも必ず押さえておきましょう。

自社のフロントエンドになる拠点をグーグルマップで検索できるかチェックしよう

スマホでもパソコンでもいいです。グーグルマップで、お客様が来店、来社される場所がグーグルマップに登録されているか、検索して試してみてください。時々、とんでもないところに設定されていたりすることがあります。ドブとか。例えば飲食店ならこれだけで来店機会を失うことになり、自分は何もしていないし何も悪くないのに客足が減るという恐ろしいリスクをはらんでいることになります。必ずグーグルマップでたどり着けるか検証してください。

これはクライアントさまの中華そば高松さんの地図です。アルファベットでも無事見つかりました。怖いのが、最近ではレビューがその下に出てくるところ。この辺の話も今後していきます。

引っ越しや複数拠点をもっていたりした場合は要注意

特に気をつけたいのが、倉庫や事務所などバックエンドが登録されていたり、引っ越ししたことがある場合です。この場合、グーグルに修正を要求することができます。ビジネスオーナーであることを証明する必要がありますので、電話なり郵送なりで実在する企業のオーナーであることを証明するコードが送られて、所定の手続きをします。

めんどくさかったりよくわからなかったら相談してください。

今時の人はグーグルマップを頼りにやってくる

私もそうです。カーナビがわりに、あるいは待ち合わせに、初めていくお店までのルート探索に、グーグルマップが大活躍しています。うまく見つからなかったり、住所が違っているだけで物凄くテンションが落ちます。代わりに、付近の別のお店がリストアップされてたら、あ、ここでいいじゃんってなります。

あと、サイトやブログに載せた住所をコピペして正しくマップで検索できるかもテストしておきましょう。

もちろん、相談に乗ります。

Please follow and like us:
0

コメントを残す

CAPTCHA